フランス旅行3日目!〜世界遺産がたくさんロワール地方のお城編〜

trip

フランス旅行記3日目です!今日は、パリからバスに乗って、フランスの田舎の方へ行きました!少しパリから離れると、広大な敷地にお城があったりして、また違った魅力のあるフランス。都会だけではなく、フランスの色々な地方を満喫しました。

 

スポンサーリンク



 

 

シャルトル大聖堂へ!

 

3日目、疲れてぐっすり寝れて、時差ぼけも感じず、朝を迎えました!朝ごはんは毎食ホテル朝食がついています!で、フランスの朝食は、やはりパン。チーズにハムにフルーツ。こんな感じがスタンダード。フランス人の朝食は、ささっと軽く食べるだけなんだって。それで、ランチをしっかり食べるの。仕事の日でのランチ休憩に2時間もかける程。

 

そして支度して、空港近くのロワシー地区にあるホテルから、8時に出発でし、バスで2時間かけて、シャルトル到着です!

ちなみに2時間車窓からの景色は、ほぼ畑&牧草地でした。フランスの国土の3分の1がそのような土地らしいので、見渡す限り平らな畑なの。なんか北海道の美瑛町に近い感じがしたよ!

 

シャルトルといえば、世界遺産にもなっている、大聖堂です!!遠くから見ても、素敵!この2つのとんがりは建築様式が全然違くて、元々ロマネスク様式ってどちらかと言えば質素な感じ(右)だったんだけど、火事とかで改修した時に、ゴシック様式って飾り好きな感じ(左)で作ったそう。

 

中は、青を基調としたステンドグラスで、キリストの一生を表しているんだって!なんか日光の東照宮にもお猿さんの彫刻で一生表してるやつあったよね。シャルトル大聖堂の中の彫刻もすごかった〜。

 

そして、この近くのレストランでランチタイム!これもツアーに含まれているやつ。フランスはコース料理の文化だから、ランチも簡単なコースで出てくる。最初に前菜(だいたい野菜スープ)、メイン、デザート。簡単な場合この3ステップが基本らしい。ここでは、オニオンベースの野菜スープ、牛ほほ肉の赤ワイン煮、プディングでした。(もちろんバゲットはどこでも必ず出てくる)

 

スポンサーリンク


 

 

ロワール地方で世界遺産!

 

ランチが終わったら、またバスへ乗り込み移動です。また2時間バスに乗り、ロワール地方へ到着しました。

まず、シャンボール城見学です!とんでもなく大きいお城!敷地面積は山手線内側と同じって広すぎ!フランスの王様フランソワ1世が作らせたお城なんだけど、お家じゃなくて別荘で、たまにしか来なかったんだって。こんなに広いのに!!

 

お城の中は、色々展示してあって見ることができます。お城からのお庭の景色もすごい!!そして広い!

 

このお城での見どころは、この二重らせん階段!その名前の通り二重なんだけど、向かいあう窓からもう一つの階段の人が見えるけど、階段ですれ違うことはないの!変な感じ。この不思議な階段を設計したのは、レオナルドダ・ヴィンチじゃないか説があるんだって。フランソワ1世と仲良しだったから。

 

そしてまたバスに乗り、30分。ロワール川沿いのフォトスポットへ。このアンボワーズも世界遺産で、フランソワ1世と仲良しのレオナルドダ・ヴィンチも近くに住んでいて、この地で亡くなって、このお城に隣接されている教会にお墓もあるほど。1200人の大虐殺事件などもあったり、歴代の王が住んでいたり、色々な歴史があるお城。お城をそばで見たかったな〜。ダ・ヴィンチのお墓も近くにあるみたい。

 

スポンサーリンク


 

 

トゥールへ!

 

さて、バスに乗り1時間で、宿泊地のトゥールへ。バス移動ばかりで、今日はくたくた。でもこれだけ色々バスでまわれるのもツアーのおかげ。

駅もある町。レストランもたくさんあって、夜ごはんはイタリアンレストラン。ピザとパスタとサラダをシェアして食べました〜。しかし、フランス人は絶対にシェアして食べないんだって。だから取り分け皿とか最初から持ってきてくれないのー。国によって全然違んだね。

 

駅には自動販売機もあったよー!お水を購入。

そしてこの日はこのまま寝ました。

 

 

スポンサーリンク


関連記事一覧