【ボラカイ島旅行記】1日目~マニラ経由でボラカイ島へ編~

trip

また大好きなボラカイ島に行ってきました!ビーチリゾートで、近場でキレイってなると、ボラカイ島に行ってしまう。意外と知られていない、アジアNo1のビーチリゾートなんです!

 

スポンサーリンク



 

旅行の準備編!

 

航空券!

 

今回の旅行は、JALマイルを使ってマニラまでチケットを取って、マニラからボラカイまでをLCCで手配しました。スカイスキャナーで、安くて乗り継ぎの時間が合うのをチョイスして、安定のセブパシフィックのチケットを取りました。1人往復16,000円くらいです。

 

ホテル!

 

ホテルはホワイトビーチのステーション1にある、フライデイズにしました!ボラカイと言えば4kmも続くホワイトビーチが有名なのですが、3つにエリアが分けられていて、ステーション2が中心で賑わっているところで、ステーション3は静かだけど小さいホテルが多いので慣れている人におすすめ。ステーション1は少し落ち着いていてリゾートホテルが並んでいるところです。なので、ステーション1にしました。友達をわいわい夜まで飲むならステーション2が絶対おすすめ!

フライデイズは4泊(2名)で90,000円でした。安くもないけど、全室ヴィラタイプなので、ゆっくりしたい人におすすめです!予約はブッキングドットコムでサクッとね。(ここから予約すると、2,000円割引のクーポンがもらえるよ)

【フライデイズボラカイのレビューはこちら】

 

空港送迎!

 

他には、空港からの送迎の手配をしました。ホテルにメールで、空港からの送迎をお願いしたいと連絡しました。・・・が、この手配が上手くいってなくてw(それについては、また後で書きます)

ボラカイ島には空港が無くて、隣の島の空港(カティクラン空港)に到着します。そこから、バスで5分くらいの船着き場に行き、スピードボートに10分くらい乗り、船着き場からホテルまでバスで向かう感じなのです。なので、予約しておいた方が楽かもしれない!ちなみに、シャングリラホテルは、専用の送迎とラウンジが宿泊者にはついているので、楽々だよー。

【空港送迎の予約方法はこちら】

 

必需品!

 

ビーチでたくさん遊ぶので、日焼け止め!あと髪がサラサラになるシャンプーね!

あとあと、必需品は虫よけスプレー!!!機内持ち込みできないので、スーツケースに入れてね!私は、お部屋用の虫よけも持ってたんだけど、これがめっちゃ効くの!特に私が泊まったフライデイズはヴィラタイプだから、蚊が多くてねw本当に役に立ちました。

準備はこんなところかな?さて、やっと本題の旅行記にいきます!!!

 

スポンサーリンク


 

 

成田からマニラへ!

 

成田出発が9時30分。中々朝早いけど、今日中にボラカイに行くのであれば、この便がベストです。最近外国の飛行機に乗ってたから、JAL安心するw4時間40分のフライトで、1回機内食が出たんだけど、今までで一番美味しかったな。映画2つ見てすぐ着く。近い。

 

マニラの空港は、4つターミナルがあるんだけど、それぞれが離れてて、乗り継ぎが面倒なの。JAL便はマニラのターミナル1に到着です。到着時間は、現地時間で13時10分。(時差マイナス1時間)マニラの入国審査もまあまあ混んでて20分くらい並んだかな。

 

なんとボラカイ行きの国内線まで、5時間も間があって暇だったので、マニラのカジノに行ってみることにしました!ちなみに、乗り継ぎ時間2時間半くらいの国内線もあったんだけど、マニラの乗り換えは時間がかかるから、余裕をもったフライトを選んだの。

 

 

マニラでカジノ!

 

カジノは“リゾートワールドマニラ”という、多分一番有名な場所へ。ターミナル1を出て、車のピックアップとかしているところに、赤色で目立つバスがたまたまいて、それがリジートワールドマニラの無料シャトルバスだった!なので、早速乗り込みました。

ターミナル2と3は寄り道したから、空港からカジノは行きやすいけど、マニラの道が混んでいて、全然進まないの。だからカジノへはなんだかんだ30分くらいかかったかな。

 

スーツケースも持ってたから、入口のところで荷物を預けたよ~。バックパックとか大きい荷物は持ち込み禁止なので、預ける感じです。帽子もサングラスもダメ!だけど、ドレスコードはなくてみんなカジュアル!さすがマニラ。

 

期待してなかったけど、カジノは広いしキレイ!結構賑わってたよ~。カジノは1時間くらいで終了して、近くのマックで遅めのランチ!日本にはないメニューで、パスタとかフライドチキンがあったかな。あとフレッシュジュースもあったよ!でも私はクォーターパウンダーとアイスティーを頼んだんだけど。アイスティーは、ガムシロップ入れてないのに、安定の甘いやつだった〜。アイスティーは無糖派なので、東南アジアの最初から甘い紅茶はがっかりしちゃう。

 

スポンサーリンク


 

 

マニラからカティクランへ!

 

そして、マックを食べ終わったら、意外と時間がなくてこの時すでに16時半くらいだったと思う。次の便の1時間前までに荷物を預けなきゃいけないので、17時10分に空港に行かなきゃなのです。残り40分で、急にあせる!!

カジノのところのタクシー乗り場から乗ったから、ちゃんとメーター動かしてくれてぼったくられなかった!案の定、道が混んでてノロノロ運転で、20分くらいかけて、ターミナル4に到着。タクシー代は約180円(90ペソ)くらいだった!安い〜!そしてターミナル4は倉庫みたいな平屋の建物で、空港感ないw

 

とりあえず中に入って、荷物預けて、無事間に合った~。狭い空港なのに、人たくさん!でもクリスピークリームやピザ屋さんとか、軽食屋さんがあったりして、焦ってマック食べなくても良かったな。ここで、20分くらい待ったら、搭乗開始。

 

 

飛行機は歩いて乗るタイプのやつ。しかも、プロペラ機!不安w周りの外国人も、スモールスモール!と笑ってたwボラカイ行きの飛行機は、ほぼ欧米人で、アジア人数名だったよ。なので、飛行機の中でもノリノリで、途中セブパシフィックのCAさんがクイズ大会を始めて盛り上がってたよ。

 

18時10分に出発して、19時30分に到着。っで、小さい空港なので、荷物受け取るところも、簡易的。空港が前と変わっていて、キレイになってたよ。出口のところに、ピックアップにきた運転手の人たちがたくさんいて、フライデイズの送迎を予約してたから探したけど、居なくて・・・。空港の警備の人も確認してくれたけど、どうやら送迎の予約がちゃんと取れていなくて!!空港の受付で送迎をお願いしたよ。

 

スポンサーリンク


 

 

カティクラン空港からホテルへ!

 

送迎のカウンターは1つしかないので、迷うことはないです。1人650ペソ(約1300円)くらいで、ホテルまで連れてってくれます。ホテル名を言って、お金を払って、チケットをもらって、空港外のバスに乗り込みます。

バスはなんと5分で港に到着!港では、入港税がかかるけど、チケットに含まれているので大丈夫!チケットを見せて、港に入り、指示されたボートに乗り込みます。

 

そしてボートで10分くらいで、やっとボラカイ島に到着です!!そう、カティクラン空港はボラカイ島の隣の島なので、通称ボラカイ空港と言ってしまうが、本当は違うんです。そこから、向かうホテルの方面ごとに、ワゴン車にのります。スタッフの方が適格に指示をしてくれます。ワゴン車の上にスーツケースを載せるのも、さすがw

 

港から、私が泊まるフライデイズは遠くて、一番最後にワゴン車から降りました。空港に近い方から、ホワイトビーチのステーション3→2→1となっていて、そのステーション1なのです。

なんと、この時すでに21時近く。移動疲れの中、チェックインして、お部屋へ。ヴィラタイプだけど、お値段お安めなので、建付けが悪かったり、狭かったり、まあ少し文句もあるけど、コスパ良しなのでokな範囲。

(フライデイズボラカイについてのレビューブログはこちら↓)

 

 

軽く荷解きをして、ビーチにあるレストランへ行くも、時間が遅くフードは終わっていたので、サンミゲルライトで乾杯!

 

少しビーチをお散歩して、隣のホテルのレストランものぞくも、どこもフードは終了してました。ステーション2は、夜中も盛り上がっているけど、さすがにステーション1は落ち着いてた。それが良くてここにしたのだけど。しかたなく、もっていた軽食で晩ごはんを済ませて、就寝しました。

 

 

 

スポンサーリンク


関連記事一覧