ドローン撮影記録!inボラカイ島!

flying

なんと初めてのドローン空撮が、フィリピンのボラカイ島でした。その時のことをメモしておきます。

 

スポンサーリンク



 

制限について!

 

飛行エリア

 

フィリピンにおいても以下のエリアをはじめとした飛行制限エリアが定められています。

・空港から半径10km以内
・人工集中区域
・軍事施設周辺
・大統領官邸周辺

 

 

飛行条件

 

以下の飛行は禁じられています。

・地上から高度400フィート(約120m)以上での飛行
・目視外飛行
・夜間飛行
・人とドローンの距離が30メートル以内での飛行

 

 

ドローンの持ち込みについて!

 

バッテリーは、預け入れ荷物に入れてはいけないので、必ず手荷物で持ち込みます!機体も、手荷物での持ち込みをおすすめします。預け入れ荷物は雑に扱われて、壊れてしまうリスクがあるので要注意!

フィリピンは空港の乗り降りの際に、荷物のX線検査が必ずありますが。マニラでもボラカイでも、ドローンで何か突っ込まれることはなかったので、安心しました。

 

スポンサーリンク


 

ボラカイ島のドローン撮影おすすめスポット!

 

ボラカイでドローンを撮影をする目的は、「海」だと思いますが、正直どこのビーチで撮影しても、キレイな海が楽しめます!

 

ホワイトビーチ

 

一番有名はホワイトビーチは、4kmという長いビーチですが、ステーション2は人が多く撮影しづらいので、ステーション1での撮影が良いです。ホワイトビーチは遠浅で、海のグラデーションもキレイに見えます。

 

 

プカシェルビーチ

 

次に人気のプカシェルビーチもおすすめですが、位置の関係か、風が強いです。海は少し深くなるので、濃いブルーが楽しめます!

 

 

撮影時間帯

 

どちらの海も、人気のビーチなので、日中から夜まで、人がたくさんいます。なので、早朝の撮影がベストです!

もう一つおすすめの時間は、サンセットタイムです。ホワイトビーチ側からサンセットが見れるのですが、晴れていればとってもキレイに空と海が夕日に染まります。

 

 

ボラカイ島現地のドローンへの反応は?

 

ビーチでドローンを飛ばしていると、現地の客引きのお兄さんや、観光客からの視線を浴びますw陽気な人たちは、ドローンに向かって手をふったりしてかわいいです。

ボラカイ滞在中は、他の観光客がドローンを飛ばしているのを3人見ました!やはりこのキレイな海を撮りたくなりますよね。

 

 

ボラカイ島でのドローン映像!

 

先に弁解させてください。初めてのドローンで、下手くそです!でもビーチの雰囲気は伝わるので、ぜひ見てみてね!!

 

 

 

【私がドローン撮影したスポットを登録しています!】

スポンサーリンク


関連記事一覧