実際に行ったから分かる!エジプト旅行で必要な持ち物や心得!!

trip

念願のエジプト旅行に行ってきました!!というと・・・治安大丈夫?とか、食べ物は?など、色々聞かれますw 遠いいし、エジプトに行った人ってそんなに周りにいないので、気になるよね。実際に私が旅行にいく前にも、持ち物やお金のことなど気になったので、これからエジプトへ行く人向けに、役立つ情報をまとめておきたいと思います。

 

スポンサーリンク



 

持ち物編

 

あると便利なもの

 

【ウエットティッシュ】

汗をかいたり、紙幣を触ったり、砂漠でざらざらになった手を拭くのに、必需品です。毎日食事やお菓子を食べる時などに、結構使いました。

 

【ティッシュ・トイレットペーパー】

観光地のトイレに、ペーパーがない所も多々ありました。なので、必ずバッグに入れておくことを勧めます!トイレットペーペーは芯を抜いて、ぺしゃっと潰すとかさばらずに持っていけますよ。

 

【虫よけスプレー・かゆみ止め】

私は虫よけを使わず、3カ所くらい蚊に刺されました・・・。なので、刺されたくない人は虫よけ必須!

 

【薬】

常備薬の他に。病院で、整腸薬と抗生物質の薬を処方してもらい持参しました。”エジプト旅行=下痢や腹痛”と聞いていたので、楽しい旅行もお腹がピーピーになったらツライと思い、ちょっと神経質だけど持っていきました!整腸薬を毎日食後に飲んでいたのもあってか、特にお腹を壊さずに旅行を楽しめました。(抗生物質の出番なし)

 

【ポカリの粉末】

空気も乾燥していて暑いので、熱中症対策用に持っていくと安心です。実際に私も43度の中、観光をした日は、ポカリを1リットル飲みました!!私は元気に旅行したのですが、ツアーの中で熱を出した方もいたので、そういう時の為にもあると良さそうです。

 

【日本食・調味料】

エジプト旅行だと1週間以上の旅行がほとんど。エジプト料理は、パン(たまに香辛料で色ついたごはん)と、お肉が多くて、そのお肉の味もおいしいんだけど、これが飽きる飽きる。体調崩した時にも、日本食の方が良いし。おかゆ、カップそば、お味噌汁があれば良いかな。あとは、小袋の醤油はお肉につけたりして、便利だった!

 

【ポケットWi-fi】

エジプトの空港やカフェのフリーWi-fiは、繋がるけど遅すぎて、全然使えません。ホテルのWi-fiは、少し遅めで使えるところもありましたが、普通にネットを使いたい人は、日本からレンタルしてくるのが一番良いと思います。(アブシンベルの田舎の方は、ポケットWi-fiも電波が入らなかったので、携帯のことを忘れ田舎を満喫しました)

 

【プラグ・変圧器】

プラグ(コンセントの差込口)も日本とは違うので、必ず持っていっていきましょう。何も充電できなくなりますw “Cタイプ”です!またスマホやデジカメは、変圧器なしで充電可能です(よっぽど古くなければ)。その他の電子機器は、変圧器が必要なものもあるので、必要であればでokです。

 

【電源タップ】

個人的にはこれ重要!コンセントの差込口が3つくらいになるやつ。海外は日本みたいにたくさんコンセントがなかったりするので、いわゆる“たこ足配線”が便利。自宅用の大きいのではなくて、小さいのがおすすめ。これで、スマホ、デジカメ、ポケットWi-fiを、寝ている時に一度に充電完了!

 

【ボールペン】

入国カードを記入したりするように、1本カバンに入れておくのはもちろんですが。エジプト人が日本のボールペンをやたらと欲しがりますw エジプトのペンは質が悪くインクが出なくなったりするようで・・・。お土産の値切り交渉の時や、チップ変わりにボールペンをあげると喜ばれるので、余分に持っていくとエジプト人と交流も出来て楽しいと思います。

 

 

暑さ対策用

 

【帽子】

エジプトは、毎日晴れです。なので日差しが暑く、帽子は必須です。

 

【日傘】

遺跡は日陰が少ないので、日傘があると楽です。私は日焼けは気にしていないので普段日傘を使わないけど、エジプトでは日差しが暑すぎて、日傘を何回か使いました。あって良かったです。

 

【サングラス】

これは暑さ対策なのか微妙だけど。ギラギラ晴れているので、サングラスがあった方が目が疲れません。紫外線もバンバン目から入ってくるので、要注意。

 

【扇子】

考古学博物館はエアコンがなくて、建物内なので風もなくて、暑い!この時は扇子でずっとパタパタしてました。でも外では暑すぎて扇子くらいの風じゃ、意味なかったですw

 

【ひんやりグッズ】

私が旅行した7月は夏なので、ひんやりグッズがあると良いです。私は、冷たくなる汗拭きシートを愛用してました。観光している時のカバンは小さめのものだったので、ジップロックに3枚くらいだけ入れて、持ち込んでいました。

 

ロングフライト用

 

【ネックピロー】

私はこれがないとダメ!ネックピロー無しに寝ると、首が痛くて痛くてw 100均でも売っているし、持っておいても良いと思う。

 

【スリッパ】

くつやサンダルも足がむくんで、入らなくなるしw トイレに行くときに、くつ履くのが面倒なので、スリッパも必ず持ってくよ。

 

【足おき】

エジプトで初めて使ったんだけど、これが良かったの!飛行機で足の置き場にいつも困ってて。最初は普通に座って、その後ひざを抱えて座ってみたり・・・、足が短いからどうにもしっくりこなくて、この吊るした足置きは長さも調節できるて快適だったので、おすすめしてみる。

 

【上着】

飛行機はなぜか寒い。エジプトに行くのに薄着なので、飛行機用にパーカーを持ち込みました。

 

【本など】

エジプト航空で行ったんだけど、映画が少なくて微妙でした。暇つぶし用に、本とかストリーミングした映画を用意しておくのを、おすすめします!

 

【携帯充電器】

エジプト航空の機内にもUSBの差込口があるので、スマホなどの充電が出来ます。行きは携帯の充電もフルかもしれないけど、帰りは充電がなかったりして、飛行機で充電できるのは結構便利。なので、手荷物に携帯の充電器(USBで差せるやつ)を入れておきましょう。

 

スポンサーリンク


 

 

お金のこと

 

必ず迷うのがお金です。エジプトではまだまだ現金が必要なので、両替は必須です。私の場合は、8日間の旅行で、以下のような両替をしました。

主な支払いは、博物館などの入場料、飲食代、お土産やチップでした。ツアー代金はすでに支払済みだったのと、3泊のクルーズでは3食ごはん付きだったので、そこまで現地でお金を使いませんでした。ドルと円は残して帰ってきました。

たくさんお土産を買ったり、現地でツアーを申し込んだりする人は、もう少し余分に必要だと思います。

 

米ドル

 

200ドル(1ドル、5ドルを出来るだけ多めで)。

観光地のお土産屋、ホテルなど、大体の場所で、ドルが使えます。そしてエジプト人もドルを好みます。なので、チップもドルでokです。ただ、ドルで払ってもエジプトポンドでおつりが返ってきますw おつりの出ないように、1ドルをとにかく多く持ちましょう。

現地でラクダに乗ったり、ちょっとしたお土産を購入、飲み物代(アルコール含む)などに使いました。

 

エジプトポンド

 

約1,500ポンド(100ドルを両替)。

博物館や神殿などの入場料は、エジプトポンドでの支払いです。行きたい観光地の入場料をあらかじめ調べてからの両替をおすすめします。ポンドから日本円に両替できないので、多く両替するともったいないです。少し残るようであれば、お土産やお水など買う時に使っていくと良いです。

もし心配であれば、現地でも米ドルからポンドに両替できるので、ドルを多くもっておくと安心。

 

日本円

 

1,000円札×10枚。

エジプトでも観光客の多いちゃんとしたお土産屋さんでは、日本円(お札)も使えます。もし持っていくのであれば、1,000円札が良いです。私は実際には使わなかったけど、予備のお金として持ってました。

 

クレジットカード

 

1枚 or 不要。

クレジットカードの利用は、おすすめ出来ません。万が一利用する際は、レシートの金額を確認し、カードを必ず返却してもらってください。カードが使えるお店も多くありますが、店員さんが処理に慣れていなくてもたついたり、金額が違ったりすることもあるようです。

 

お金の支払いでの注意点

 

私の体験談なのですが、クルーズ船のチェックアウト時にドリンク代の清算をした時のこと。60ドルと言われた気がして、60ドル出したら、すんなり受け取るフロントの方。

でもなんか高いなー。と思って、フロントへ戻って、レシート見せて(そもそもレシート貰ってないしw)!って言ったら、渋々見せてきて、本当は35ドルだったの。それでお金返してって言ったら、20ドルだけで。何回か言ったら、5ドルとレシートくれたw

間違えた方が悪いっていう感じなので、皆さまは気を付けてください。(なのでクレジットカードはおすすめ出来ないw)

 

スポンサーリンク


 

服装編

 

暑さ対策用

 

【長袖・長ズボン】

日差しが強いので、肌が隠れている方がまだマシです。

 

【スニーカー】

サンダルだと、足の甲が暑いですw 洋服同様、スニーカーとかのがまだマシかも。

 

【スカーフ・タオル】

首元や頭に巻いたりできるので、1枚あると良いです。

 

寒さ対策用

 

【防寒着】

私が行ったのは夏なので、夜でも半袖で涼しいな~くらいで、防寒着は不要でした。ただ冬に行かれる方は、必須アイテムのようなので忘れずに。

 

 

服装のマナーについて

 

【露出NG?】

ガイドブックやネットにもよく書かれているのですが、露出の多い服装はNGと。実際に行ったら、露出okでした。もちろんモスクの見学の際などは、露出は控えめが好ましいと思いますが、それ以外の場所では、ショートパンツにキャミソールでも大丈夫です。外国人はそんな感じの軽装で、日本人は誰も肌を出していなかったですw

私もノースリーブのロングワンピースなどを着ていたので、日本人のおば様たちに日焼けの心配をされましたw ということで、日本と同じような服装で大丈夫ですよ~。

 

【サンダルは?】

こちらも露出を同じで、サンダルは危険とか書かれていますが。外国人は全然サンダルの人もいました。そして、私も半分以上サンダルで観光していました。

日焼けが気になったり、たくさん歩くのでスニーカーの方がおすすめだけど。私はサンダルでも問題なかったです。

 

 

実際に私がエジプトで着た洋服を写真で紹介

 

 

スポンサーリンク


 

 

治安編

 

エジプト旅行で気になる治安。大きいテロもあったので心配ですよね。一時よりは、良くなったみたいで、旅行中にそういった心配は一切しませんでした。・・が、何があるかわからないので、自身でチェックしてから旅行してくださいね。

 

外務省の渡航情報

 

カイロ、ギザ、アスワン、ルクソールなど、メインの観光地は「 危険レベル1」です。(2018/08/07時点) 最新の情報は、こちらの外務省HPでチェックできます!

 

 

セキュリティーについて

 

空港はもちろん、ホテルや遺跡の入り口には、必ず金属探知のゲートに、荷物の検査がありました。

ですが、空港以外のセキュリティーは、反応してもスルーで、意味ないですw

 

 

ツーリストポリス

 

団体ツアーで観光スポットを回った時は、拳銃を携帯しているツーリストポリスが同行してくれました。ただツアー参加者の女性の肩に手を回したり・・・、ちゃんと守ってくれるのか??な。さすが外国な感じでしたw

でも、ツアー参加者が転んだ時に、大きい声を出したら、ツーリストポリスが事件と勘違いして、走って駆け寄ってきてくれたので、一応守ってくれる気はありそうでした。

 

 

観光編

 

カメラのあれこれ

 

【砂注意】

エジプトは広い砂漠にあります。なので、街中でもザラザラしています。カメラのレンズに入ったり、故障の原因になるので、レンズのキャップをしたり、使わない時はカバンにすぐしまうのがベスト!

 

【撮影チケット】

神殿やお墓など、入場料のかかる遺跡たち。その中で写真を撮るのにも、お金がかかるので注意です。入場券と一緒に、カメラ券の購入も忘れずに!カメラ券なしで、撮影すると怒られます。

料金は1つの遺跡で、数百円程度でした。私は2人で旅行に行っていたので、1台分のカメラチケットを買って、1台で撮影して、あとで写真をシェアしました〜。

 

【エジプト人の絡み】

観光地で写真を撮っていると、親切にこの場所から撮るとベスポジだよ〜と教えてくれたり、頭にターバン巻いてくれたり、かわいいロバと一緒に写真を撮れと近づいてきます。

それのどれも、チップを要求されます。営業ですw 私は逆にターバン巻いてロバと撮りたかったので、1ドル払って写真を撮りました。1ドルくらいで大丈夫なので、エジプト風な写真を撮りたければチップを払いましょう!

 

 

物売りさん

 

【観光地】

観光地のどこでも。歩いていると、物売りが寄ってきます。「ワンダラー(1ドル)!見るだけただ!ヤマモトヤマ!サラバジャ!」など、色々話しかけてきます。

ストール、カレンダー、ガイドブック、置物・・・等、何かしらをおすすめしてきます。ちょっと見てみようとすると、ぐいぐい勧めてきます。断ってもついてくるし、断っても違うもの持ってくるし。車に乗るまでついてきます。なので、買う気がなければ、目を合わせずにスルーするのが1番!

ただ、かわいいものも売ってるので、お土産に買うのも良しです。買う際は言い値なので、最初に向こうが言ってきた値段から、必ず値下げ交渉しましょう。物売りさんに10ドルと言われたら、渋い顔をして3ドル!と言い続けると、5ドルくらいまでは値下げしてくれます。中々値下げできなそうであれば、それならいらないよ〜!とその場を去ろうとすると、最後にぐっと値下げしてくれたりしますw

 

【お水・アイス】

お水やアイスなども、同様に観光地で売ってきます。どうなんだろう?と思ったけど、普通に未開封の冷えたお水です。アイスもマンゴーアイスが美味しかった〜。

持ち歩いてる水はぬるくなったりするので、こういった物売りさんから冷えたのを買うのも全然ありです!観光地によって多少値段が違ってもっと安いところもあったけど、1リットルで1ドルくらいでした。

 

 

おわりに。

 

実際に行って知った、エジプトの心得をまとめてみました。露出がNGと聞いていたけど、そんなこと無いし。三大うざい国と言われているけど、そこまでうざく無かったよ。ガイドブックや旅行会社は、ちょっと慎重になってるのかな。

もちろん日本とは全然違うので、テロ、ぼったくり、スリなど気をつけなければいけないこともあるし、体調管理も大事。だけどちゃんと気をつけて、エジプト人の性格をわかっていれば、とっても楽しい旅行になること間違いなし!!気をつけて、いってらっしゃ〜い!!

 

 

スポンサーリンク


関連記事一覧