初心者の燕岳登山記録。

spot

9月の初め頃、燕岳に行ってきました!燕岳(つばくろだけ)は、北アルプスの女王なんて呼ばれていたり、北アルプス三大急登と言われているのです。

山に詳しくない私は、全然平気でしょう!絶景みたい!ってノリで、誘われるがまま、燕岳の登山に参加しました。その時の様子を初心者目線でお届けします。

 

スポンサーリンク



 

登山スタート!

 

 

登山口には小さい小屋とトイレやベンチがありました。そこで、登山届けを書いて、いざ登山開始です!スタートは、午前9時半頃。

でね、最初からめっちゃ急なの!w びっくりした〜。周りはまだ森のように木がたくさん生えていて、少し湿っっぽくて、気持ちの良いハイキングにぴったりな雰囲気なんだけど。とにかく急なの!!まだ元気いっぱいなので、おしゃべりしたり余裕ありです。

 

 

 

第一ベンチ、第二ベンチ、第三ベンチ!

 

登山口から、第一ベンチまで、休憩なしで、ゆっくり登って約30分。後から考えたら、登山口から第一ベンチまでが一番きつかった気がする。少し水分補給をして、5分ほど休憩。ここのベンチの近くには水場があるので、ペットボトルに飲み水を入れてもGOOD。

 

第一ベンチから第二ベンチまでも、休憩なしで約30分。景色も同じような感じで、同じような道のりで、一体いつまでこの急な登りが続くのかと不安になってきたよ。でも、良く地面を見てみると、色々なきのこが生えていたりして、小さな楽しみもあったよ!

 

第二ベンチから第三ベンチにかけても、40分くらいの道のり。さすがに少し疲れてきてペースも落ちてきたので、ベテランさん達には道を譲ってゆっくり登りました〜。ちょっとつらくなってきた頃。全然急だし。つらい。汗もかいてきて、半袖で登ってた!水分もしっかり取りながらね。

 

 

合戦小屋!

 

第三ベンチから合戦小屋までも40分くらい。もうこころが折れかけてたんだけど、「合戦小屋まであと10分」とか看板があって、めっちゃ気持ちが救われた〜。あとどのくらいで着くの?つらいつらいって気持ちがなっちゃったから、ゴールがあとどのくらいか分かった時の安心感よね。w

 

っで、合戦小屋では、夏の名物のスイカをいただきました!とっても甘くて人生で一番おいしいスイカだと思ったのは、登山の疲れもあるのかな?でもとにかく美味しくて、少し元気も復活!!

 

小屋ではカップヌードルやうどんなども売ってたよ。私は持参したおにぎりを昼食にいただきました。そう!あとやっとトイレに行けたの。登山口の後は、この合戦小屋までトイレがないから気をつけてね〜。ちゃんときれいなトイレでした。さて、あとひと頑張りです!

 

スポンサーリンク


 

 

燕山荘に到着!

 

合戦小屋から30分くらいだったかな。ここの道のりが一番緩やかで楽だった〜。そして、高地になって木もなくなって、見晴らしが良いので、本当に気持ち良いの!周りにはアルプスの山々があって、こころ穏やかになる。ラスト10ふんくらいは、燕山荘を見ながら登る感じで、本当に気持ちが楽。

 

燕山荘についたら、チェックインしたよ!14時40分くらいだったかな。所用時間5時間10分。

さすがに大きい山小屋だから、受付もスムーズで案内もしっかりしていて感動。富士山の山小屋とはちょっと違ったw 燕山荘グッズもたくさんあってかわいいかったし、小屋の中はキレイだしとっても落ち着く。

 

さっそく寝床に案内されたんだけど、小屋全体が広い広い。寝床は1間6人なんだけど、空いてたから3人で使わせてくれて広々だったよ〜。荷物を置いて、いざ頂上へ!!

 

 

燕岳頂上!

 

燕山荘から15分くらいで頂上!ただ、急に雲がもくもくと、目の前が真っ白にw せっかくの頂上からの景色が見れなくて残念だったな〜。

 

実はドローンも持ってきていたので、晴れていれば飛ばしたかったけど、風&雲で断念。調べたら燕山頂で飛ばしている人もいるけど、登山者にはうるさいと不人気のドローン。なので、マナーを守って、周りの人の迷惑にならないように飛ばしましょう。

 

 

燕山荘で1泊!

 

まだ16時だったので、夕食まで時間があったので、ビールで乾杯!!最高においしかったな〜。しかも山頂なのに、ビールとかもそこまで高くなくてびっくり。色々おつまみもあったり、ここの小屋本当に良い。(何回も言うw)

 

18時半くらいから夕食で、給食みたいな感じ。でもあったかくて、おいしかった〜。ちょうど食べ終わる頃に、燕山荘のオーナーが出てきて、マイクで色々燕岳や山小屋、登山について教えてくれました。その話しを聞いて、登山や燕岳に対する愛情を感じました。だからこの燕岳の道中にゴミもないし、小屋もきれいだし、登山者もマナーが良いのだな〜と思いました。最後にオーナーがホルンを吹いて、夕食タイム終了です。

 

トイレも普通に水洗で、洗面も普通に水が出ます。設備が整いすぎてて、高地なことを忘れちゃう。でも水は貴重なので必要なだけ使ったり、ゴミは持ち帰ったりとできることはちゃんとしました。しかもね、ここの水が飲めるとのことで、空いたペットボトルに帰り用の水を入れました。

 

そして、夜9時には就寝。疲れてたから一瞬で寝ました。ちなみに、寝袋とさらに掛け布団もあって、暖かさは十分でした。

 

スポンサーリンク


 

燕山荘の朝!

 

起床は5時くらい。でも9時に寝たから全然起きれる。支度をして、朝食タイム。寝ぼけながらも、ちゃんと食べたよ。また体力を使うのでしっかりと食べる。山小屋でこれだけちゃんとした食事をだしてくれて感謝。寝床の窓から外の見えて良い感じ。

 

そして、すぐに支度して、外に出てご来光タイム!だけど、雲に隠れてちゃんと見れなかったの。でも夜が明けるのをぼーっと眺めて、素敵な時間でした。そして、ゆっくりしてる時間はなく、すぐに下山スタートです。

 

 

下山・・。

 

合戦小屋までの下山は、景色も楽しめるし、割となだらかなので、るんるん。

 

それもつかの間!!合戦小屋からの下り・・・、急だし、足の力がもうなくて踏ん張れないから、転びそうだし。ただでさえ高所恐怖症だから下りが嫌いなのに。とにかくメンタルもやられつつ。体力も限界。足の筋力が足りなくて、本当にへろへろ。最後には膝が笑ってたよ〜。そう、初心者はちゃんとトレーニングしてからじゃないと、ここは登っちゃだめ!いや、登れるし降りれるよ。でも最後つらいw楽しく登山するのであれば、少しトレーニングをしておくべきだったと反省。

 

 

温泉で癒されタイム

 

なんとか下山した後は、近くの温泉へ。汗まみれだったので、シャワーですっきり。疲れたボロボロの足を温泉でほぐして、リラックスタイム。本当癒させれた。温泉ってなんであんなに幸せな気持ちになるんだろう。大好き。

 

 

 

燕岳を登った感想

 

 

私は富士山を2回登ったことがあって、しかもそのうちの1回はビール飲みながらとかふざけてて、ハイキングの延長戦みたいな登山もたまにしてたから、ちょっとつらくてもなんとか行けるだろうと舐めてた。はっきり言う。ちゃんと足の筋力をつけて、トレーニングしてから行こう!へなちょこの初心者でもなんとか登山を楽しめたけど、その後1週間くらい筋肉痛だったからw

そして、またいつかリベンジしたいな〜。ドローンでの撮影もしたいし、肉眼で山頂からの景色とご来光もみたい!曇りがちだったけど、それでも良い景色だったよ。そしてね、燕山荘にはぜひ1泊してほしい。とっても素敵な山小屋で大好きになったよ。さて、次はどこの山に行こうかな。

 

 

スポンサーリンク


関連記事一覧