• HOME
  • ブログ
  • set up , drone
  • 【ドローン】フィルターのありなしの違いを、比較!晴れの日の海はフィルターをつけて、よりキレイに撮ろう!!

【ドローン】フィルターのありなしの違いを、比較!晴れの日の海はフィルターをつけて、よりキレイに撮ろう!!

set up

ドローンですごくお天気の良い日に、海で撮影したら、海面が“ぴかーん”ってしちゃって、そのピカピカしてるのに目が行っちゃって・・・。

写真的に、ピカピカ気になるな。と思って、色々調べたら、カメラにつけるフィルターがあって、つけると光を調節してくれて、ピカピカを抑えてくれるんだって!!

普通に一眼とか手持ちのカメラにこだわっている人なら、普通に知っていることなんだけど。なんせカメラも素人なものでw

っで、海好きとして、ドローンで海をたくさん撮りたいし、ピカピカ軽減の為にフィルターをさっそく購入して撮影したので、その違いをレビューします!

 

スポンサーリンク



 

Mavic airにつけたフィルターはこれ!

 

1つ2,500円くらいで、お手頃のフィルターをGET!

ちなみにフィルターには種類があって、海面(水面)の反射を軽減させるのは、「PL(CPL)」というフィルターだよ。

私のはMavic air用で、ドローンによってフィルターのサイズとかが違うので、気を付けて購入してね!

 

 

 

スポンサーリンク


 

実際にCPLフィルターをつけて撮影した写真を比較!

 

フィルター無し!

 

フィルター無しでも、素敵な海写真。でも左上のピカピカが気になるような、ならないような。

 

 

CPLフィルターあり!

 

フィルターをつけると、海でもピカピカしない!よって、写真全体がまとまってクリアな感じに!

 

 

スポンサーリンク


 

さいごに。

 

PL(CPL)フィルターは、水面の反射軽減だけでなく、色彩のコントラストをあげてくれるので、海以外の撮影で使っても良い感じになるよ!

物体(地面、葉っぱ等)にも、光が当たって反射しているんだけど、それを軽減することによって、葉っぱの色がクリアに写るの!

つまりドローンで絶景を撮るのであれば、フィルターはマストアイテムということ!!

 

 

スポンサーリンク


 

関連記事一覧