【ウミガメにも遭遇!】テニアン島へ日帰りで遊んできた。

trip

サイパンからテニアン島へ、1DAYトリップしてきたよ。ウミガメがたくさんいると有名な島で、もちろんウミガメにも会ってきた!そして、のんびり海を満喫してきた日の話。

テニアンでの1日はこんな感じ。

サイパンからテニアンへ

ホテルに送迎の車がピックアップにきて、空港まで。国際空港なんだけど、サイパンにきた時とは違う、端っこの屋根があるだけの場所へ。w

そこがテニアン行きのセスナの乗り場なの。カウンターで予約した名前を言って、搭乗者全員のパスポートを見せるよ。っで、横にある体重計に乗って体重測定!セスナが小さいからバランスを取るために、体重を測ってセスナの席が決まるよー。っで、手作り感満載の番号札を渡されるので、それを持ってベンチで待機。

時間になったら呼ばれるので、いよいよセスナへ。なんと私はパイロットの隣の席をGET!前回のテニアン行きもこの席だったよ。多分女の子が助手席になる確率高そうw こんな小さい飛行機に乗ることないし、しかもパイロットの横だから、とっても楽しくて大好き。なのに、テニアン近くて、飛行時間は10分ちょっとだよ。

あっという間に到着したら、空港を出てツアーのお迎えと合流。今回は特別に、車をワゴン車じゃなくて、トラックをお願いしたの。なんかその方が雰囲気あって楽しいかと思って。暑いけど、おすすめだよ!

ブロードウェイで写真タイム

そして、最初に向かったのは、“ブロードウェイ”という場所。真っ直ぐ海まで続くただの道なんだけど。それがとっても良い感じなので、ここで写真タイムしました。テニアンは田舎なので車が少ないけど、撮影に夢中になって轢かれたら大変なので、ちゃんと気をつけて撮ってね。私の時はガイドさんが、見張り係りしてくれましたw

タガビーチへ

次は、テニアンで一番有名な“タガビーチ”へ行ったよ。よくポスターやCMにも使われてる場所で、本当に絶景。そして海の透明度がすごい!!

ここの海もはしごがあって、小さいビーチに降りて泳ぐこともできるよ〜。元気な人たちは、はしごを使わずに飛び込んでたけど。

ここのビーチは、シャワーとドアが壊れてる公衆トイレがあったので、海入ってもささっとシャワー浴びれるよ。

スポンサーリンク

ボートシュノーケルでウミガメさん発見!

次は港からボートに乗って、シュノーケルに行ったよ。シュノーケルって言っても推進10m以上ある深いところ。もちろんライフジャケットつけてるから、全然こわくないんだけど、深い海なのに透け透けだからなんか不思議な気分。

そしてガイドさんが手を引いて、ウミガメポイントへ誘導してくれたよ。1度に3匹見たり、寝てるウミガメもいてかわいかった〜。なんでこんなに癒されるんだろう。かわいいよね。全部で10匹くらいみたよ。

っで、またボートに乗って次のポイントへ。こっちはお魚天国!カラフルな魚がわんさかいたよ。海もきれいだし、シュノーケル楽しすぎる〜。

楽しくて、一瞬でシュノーケル終わっちゃった気がする。でもテニアン行くなら、絶対ボートシュノーケルはして欲しい!浅瀬のシュノーケルとはまた違うし、ウミガメもほぼ会えるの。

タチョンガビーチでランチタイム

シュノーケルしてお腹もぺこぺこ。タガビーチのすぐ隣のビーチへ。ビーチで遊んでる間に、ガイドさんがレストランにお弁当を買いにいってくれたよ。地元のレストランで、とってもボリューミ-なの。おすすめのフライドチキンと、フライドライスを1つずつ頼んで、2人でシェアしようと思ったんだけどね・・・。めっちゃでかい!4人くらいでちょうど良さそうな量きたw

それと一緒にビールもお願いしていたので、冷えたビールとフライドチキンで乾杯!そして、おすすめのフライドチキン、めっちゃおいしかった〜。フライドライスは、普通。w

あとね、お弁当にハエがめっちゃ寄ってくる。10年前にきた時もそうだったのを思い出したよね。その頃はまだ海外に慣れてなくて、ハエやだーって思ってたけど。色々海外行ってたくましくなったのか、軽く払う程度な自分に成長感じたw ハワイのガーリックシュリンプの屋台もハエやばいし。海外旅行してるとなれるねってどうでも良い話。

っで、お腹もいっぱい。ビールも飲んで。ビーチで少しごろごろタイム。休憩したら、ビーチで少しシュノーケルしたよ。ここのビーチもお魚結構いるー!

さて、それでシャワーを浴びて、体拭いて、またトラックに乗って移動します。

ブローホールへ

最後は、トラックに揺られて30分くらい。テニアンの道はまっすぐな道が多くて、両脇の草原に放牧された牛さんがたくさんいて、なんか素敵な光景だったなー。

道が長く真っ直ぐなのは、多分戦闘機を飛ばしてた飛行場だったのかな?テニアンから原爆を乗せてB29も飛び立ったんだよね。こんな素敵な田舎の島にも、色々な歴史があるからびっくり。本当に戦争はよくない!

で、本題のブローホールへ到着。とがった岩場を少し歩くと、海岸へ。そこに波がくると、水が上に吹き上がるの!日本語で、潮吹き穴ね。ちょうど太陽の位置がよくて、潮吹く度に虹がみれてきれいだったー。

スポンサーリンク

テニアンからサイパンへ

たくさんテニアンを満喫していたら、もう4時近く。空港へ向かって、また体重測って、セスナに乗ってサイパンへ。

サイパンの空港からは、ツアーの送迎でホテルまで帰ったよ。

テニアン日帰り観光の手配はここ

今回のサイパンからテニアンへの日帰り旅は、“テニアンエクスプレス”というツアー会社さんで予約しました!

サイパンのホテルの送迎から、セスナの予約も全部やってくれるので、楽々でした。ランチだけは、別料金だけど、1人1,000もあれば大盛りなお弁当食べれます。ツアー代金の支払いも、現地で現金のみです。

ちなみに私がどうしても今回トラックに乗りたかったので、プラス料金を払って車の変更をお願いしました。それと、シュノーケルが最初だったんだけど、髪の毛に濡れる前に写真を撮りたかったので、周る順番も変えてもらったの。

かなりわがままを聞いてもらいました。ありがとうございます!ちなみにここのツアーは日本人のおじさんがやっているので、予約から現地の観光中も日本語でokです。

スポンサーリンク

さいごに。

日本人でテニアン島に行ったことある人って少ないと思う。そんな場所に、私は3回目の訪問でした!w

こういう人の少ない秘境感ある小さい田舎の島がすきなのかも。海がとにかくきれいで、ウミガメにも絶対会えるし、その辺で泳いでもおさかな天国だし。それに人が少ないから本当にのんびりできるんだよね。次はダイビングしたいな〜。

直行便が復活するサイパン。日本からサイパンまで3時間半。そこからさらにもう1歩足を伸ばして、テニアン島に行ってみるのもおすすめ!

この日の1日をVlogにもしたので、見てね〜!こっちの方がウミガメとお魚がちゃんと写ってるよ〜!!

関連記事一覧