【共感SNS】発信している人は絶対に読むべき1冊!SNSをお仕事に結びつける方法。

books

この本を発売初日に買って読みました。とにかく良かった。

私みたいにインスタやブログなどで発信している人にとって、とても大事なことがたくさん書いてあります。SNSをお仕事にするという部分についても書いてあるの。

とても良い本なんだけど、良い本すぎて、正直みんなにおすすめしたくないくらい。私だけが知っておきたいって思っちゃった。

でも私が良いと思ったものは、おすすめする!というポリシーなので、全力でおすすめすることにしたよ。

この本がどういう内容で、どういう人が読むべきかなど、ざっくりまとめるね。

“共感SNS”を書いてる人は?

本の著者は“ゆうこす”。

元アイドルで、アイドルをやめてから、自分でSNS発信をし続けて、ファンを増やして、会社を作ったり、商品をプロデュースしたり、最近はTVCMにも出てるよ。

アイドルをやめた時のSNSはアンチや男性が多かったんだけど、今は女子から人気なインフルエンサーに。

そんな過程から、SNSでファンを作るコツや、お仕事に繋げるコツがこの本には書かれてるよ。

彼女は、インスタ、ユーチューブ、ツイッター、LIVE・・・色々なSNSでとにかく毎日発信してるのも本当にすごい!

さて、さっそく本の内容に触れていきます。

スポンサーリンク

“共感SNS”はこんなことが書いてあるよ

SNSの自分づくり

最初にSNSで発信する前に“自分”についてよく考えることが大事ということが書いてあるの。その中でも

「自分がワクワクすることじゃなければ、発信しても意味がないし継続できない」

ってところには、私も強く共感。

いいねが欲しいから、PRを頼まれたから、流行ってるからって、自分がワクワクしていないことを発信している人って多いと思う。

そういう熱量が低いものは相手にも伝わるし、自分が疲れちゃうよね。

っで本には、自分が熱中できるものは何?なんでそれを発信したい?とか、セルフプロデュースをする手順やポイントが書かれてるよ。

一歩立ち止まって、なんでSNSで発信してるのか?ワクワクしてるのか?自分について考えてみるのもおすすめ。

フォロワーの増やし方

ゆうこすが今まで実践してきたフォロワーの増やし方が書いてあるよ。

その中でもプロフィールやハッシュタグが重要で、どう気をつけたら良いか書いてあるので、詳しくは読んでみてね。

ちなみに私は1年以上前にゆうこすに会ったことがあるの。その時に私のインスタをチェックしてもらったんだ。

そしたら「何をしてる人か、何をしたい人かわからない。すごく素敵な島があるのに、橋がなくて行けない感じ。」って、的を得すぎてる回答ももらったの。

(気さくに私のインスタ見てくれて、ズバッと意見をくれて、本当に良い子だったよ。)

つまり、プロフィールを見て、何をしてる人か何を発信したい人かわかるようにすることが大事。ハッシュタグも自分を探してもらえるようにちゃんとつけるのが大事。

自分がワクワクすることを発信するんだけど、それがたくさんの人に届くように、相手の立場になって、一回考えてみないといけないね。

スポンサーリンク

フォロワーをファンに

フォロワーがたくさんいても、ファンではないかも?

ゆうこすは昔、アンチがたくさんいてツイッターのフォロワーが2万人いたけど、イベントには数人しか集まらなかったんだって。

だからフォロワー数=ファンではない。

SNSをお仕事に繋げるには、フォロワーじゃなくてファンが大事!っで、ファンになってもらう方法についても書いてあるよ。

私にも少しファンかな?って思える人がいるけど、ただSNSの投稿を見てるってだけじゃなく、私のことを自分のことのように応援してくれたり、困ったら意見をくれたりするの。

フォロワー数はまだまだ少ないけど、そういうファンと呼べる人たちがいるおかげで、いつも新しいことにチャレンジしてみよう!って思えるし、一緒に喜んでくれてわくわくも倍増してる!

改めて、ファンって大事だし、大切にしていきたいなーと感じさせられました。

SNSだけで仕事をつかむ

これがみんな気になるところだと思う。しっかりとビジネス的なことも書いてあるよ。

自分の特徴やユーザの傾向などをちゃんと数字にまとめて、企業さんにわかりやすく提案できるところまで、ゆうこすはちゃんと考えてるの。さすが過ぎ。

そして私も大事にしていることで、「タダでも受けたいくらいの仕事しか受けない」ということが書いてあったよ。

PR案件をなんでも受けることは、自分を安売りしているのと同じ。

成分にこだわってるって言ってたのに、安い化粧水のPRしてるのとか、ファンはすぐに気づくし、効果のないPRは企業にもデメリットだから。

良くくるPR案件3パターンてのも載ってて、私も結構前にブログにインスタのPR案件はこんなのくるよっての書いたんだけど、同じだったw

最初のころはPRがくるだけで嬉しくてやりたくなる気持ちわかるけど、やらなかったと、書いてあったけど、私も全く一緒。

今まで受けたのは、旅行系のサービスや観光のPRのみ。ワクワクを発信したいし、自分の好きに生きてるがテーマなのに、そんなに好きでもないことをがんばってやるんだったら、OLの仕事やってた方が良い。

そうやって、ブレないところからファンから信頼されて、PRの効果も高いし、ちゃんとお仕事がくると思ってる。

今は企業や代理店も、フォロワー数や安く受けてくれる人に案件を流してるけど、SNSでのPRが主流になってきたこれからは、効果や質を選ぶようになるんじゃないかな?って思う。

ってことで、最初に書いたセルフプロデュースが本当に大事だね。

他にも人脈づくりの大事さなんかについても書かれているので、SNSからお仕事に繋げたい人は読んでみてね。

スポンサーリンク

さいごに。

この本を読んでみて、“共感”しかなかった。

すごく有難いことに、SNSを使って、一般の個人がファンをつくったり、お仕事を受けたり、会社をつくれたりする時代。

私もそんな新しい生き方に足を踏み入れてるけど、PR案件受けた方が良いかな?フォロワー数もっと欲しいなー。って思うことも正直あった。

だけど、無理にPR案件受けなくて良かったと思った。自分をちゃんと持ててたことに、自分でホッとしたよ。

そして、もう1回セルフプロデュースをちゃんとしよう!って思った。

私は好きなことして生きたい。普通の人だけど、行動次第でなりたいようになれることを伝えて、自由に生きたり、チャレンジする人が増えて、たくさんの人が幸せになったら良いなーと思ってる。

そんな道筋をつくったり、同じように行動したい人を繋いだり、相談できる環境も作っていきたい。

それを大好きな旅行とSNSをしながらね。想像しただけで楽しそうだ!w

これからの時代、SNSで自分を発信していることって強みになると思う。SNSが履歴書みたいなものになる。

だからこそ、発信する内容やコミュニケーションはいつだって本物であるべきだし、その発信が必要な人に届くべき。

そんなことを考えさせられる本でした。

そしてとにかく有益すぎて、本当はこの本教えたくなかった。(小声)

関連記事一覧